スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISW11Mのrootが塞がれた

[2012.02.23追記] アップデート前と同様にphoton-torpedoでroot化できます。


2月22日にau by KDDIのMotorola Photon ISW11Mにシステムのアップデートが配信されました。

ファームウェアのアップデートをかけると/systemパーティション内のファイルのsetuidフラグが消えます。

そのため、/system/bin/suをインストールしてあってもアップデートともに使えなくなります。

また、今回のアップデートでzergRushやphoton-torpedoが使っていたセキュリティーホールが塞がれているので、今のところrootをとる方法が無いようです。

root化はしばらくおあずけです。rootが必要な場合は、アップデートしないようにするしかありません。


[2012.02.23追記]

photon-torpedoですが、どうもタイミングによっては問題でrootが取れなくなるケース発生するようです。

一方、問題なくroot化できる場合もあるようです。


photon-torpedo.shを実行してもrootにならない(プロンプトが「#」ではなく「$」のまま)時は、

    /lib/libphoton-torpedo.so

がオーナーrootで存在しないか確認してください。もし存在する場合は、

        LD_AUDIT="libpcprofile.so" PCPROFILE_OUTPUT="/lib/libphoton-torpedo2.so" /usr/bin/X
        cat /data/tmp/libphoton-torpedo.so > /lib/libphoton-torpedo2.so
        LD_AUDIT="libphoton-torpedo2.so" /usr/bin/X

と実行してみてください。タイミング問題に再度あわなければプロンプトが「#」になってshell rootが取れます。

あとは、install-su.shを実行してください。


[2012.02.23追記]
もしまだアップデートしていなければ、もっと簡単な方法が使えるようです。

まずroot化しておき、Voodoo OTA RootKeeperを使う方法です。

マーケットからOTA RootKeeperをインストールします。

そして、Protect rootを押して保存します。

そのままOTAでアップデートして、再度OTA RootKeeperから復元します。

これでアップデートして再root化することが可能になります。

コメントの投稿

非公開コメント

OTA RootKeeper

初めまして、こんにちは。
root化とSIMアンロックだけしたPhotonをシステムアップデートしたいのですが、
OTA RootKeeperをインストール
 Protect root
 Temp.un-root
OTA RootKeeper終了
Superuserアンインストール

そして、システムアップデートとやりましても
システムアップデート失敗でアップデートできません。
OTA RootKeeperを利用してroot化したPhotonをアップデートする方法を詳しく教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Re: OTA RootKeeper

/systemパーティションの内容を変更していませんか?
不要なアプリの消去など/systemパーティションを変更しているとアップデートできません。

/systemパーティションが正常なら、OTA RootKeeperでバックアップ、アップデート、OTA RootKeeperでリストアでroot化できるはずです。
プロフィール

hpcalc

Author:hpcalc
 HP電卓や携帯電話端末・スマートフォンなどのガジェット大好き人間です。
 ブログに記載されている会社名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。 なお、「®」、「™」、「©」は明記しておりません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。