SO-01Bにprerooted Gingerbread 2.3.3を焼く

ドコモSO-01BにPrerooted+Recovery Gingerbread 2.3.3 (xdaのスレ)をインストールしてみました。

日本語フォントインストールと、ドコモ偽装やSP Push対応も行いました。


基本的なことはxdaのスレにあるので、違う部分を中心に説明します。

0. PC Companionを最新にしておきます。(ソニーエリクソン公式サイトのダウンロードページ)

1. まず、ドコモファームと何でも良いのでxRecoveryが使える状態にしておきます。

2. xRecoveryからダウンロードしたGingerbread 2.3.3のnandバックアップをリストアしてワイプします。

3. USBケーブルを接続し、「adb shell」を実行します。

4. /system/build.propと/system/framework/framework.jarをSDカードにコピーします。

5. SDカードから/system/lib/fonts/DroidSansJapanese.tftと/system/lib/libdocomo_emoji.soをコピーします。必要なら/system/etc/apns-conf.xmlや/system/media/audio/uiの下のファイルもコピーしておきます。

6. /systemや/sdcardをunmountしておきます。そしてバッテリーを抜きます。

7. この時間を利用して、build.propの編集によるドコモ偽装や、framework.jarの改造によるSPモードメールのPush対応を行っておきます。framework.jarの改造はしたらばのXperia改造スレを探してください。

8. X10 Flash Toolを使って、Gingerbread用のカーネルファイルを焼きます。

9. リブートして、xRecoveryに入ります

10. build.propとframework.jarを改造したものにします。

11. リブートします。

12. システムが安定したら設定します。リブート後30分間放置推奨???


端末情報のキャプチャ
ドコモ偽装したSO-01B (Gingerbread)の端末情報

ソニエリカーネルのGingerbread 2.3.3で、SO-01Cに偽装されています。


ドコモマーケットとキャンペーンナビの動作を確認しました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hpcalc

Author:hpcalc
 HP電卓や携帯電話端末・スマートフォンなどのガジェット大好き人間です。
 ブログに記載されている会社名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。 なお、「®」、「™」、「©」は明記しておりません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR