X06HT II (X06HT2)のATOKで絵文字を入力する

なんの意味があるのかということはおいておいて、X06HT II (X06HT2) / HTC DesireにATOK Trialを入れたついでに、絵文字入力が可能なようにしてみました。root化と、あるファイルが必要です。


絵文字入力モードについては、アプリケーション側の対応が必要です。X06HT / X06HT II (X06HT2)ではIMEIチェックのため現在のところ使い物にならないSPモードメールアプリが対応していますので、これで実験してみました。

SPモードアプリ自体は、SIMアンロックしてドコモSIMをさしたりMarket Enablerでドコモに偽装すればインストールできます。

絵文字入力に対応しているアプリであれば、ATOKの左下のボタン長押しで絵文字入力モードになります。しかし、ドコモの対応機種以外では、絵文字が豆腐になります。そこで、以下の2つの作業を行います。

【build.propの修正】
/system/build.propに、「ro.config.libemoji=libemoji_docomo.so」を追加する。

【libemoji_docomo.soの追加】
libemoji_docomo.soというファイルを、/system/libにインストールします。

これで再起動すると、豆腐ではなく、絵文字入力モードで本当の絵文字が出てきます。

AuraxTSense v8.0をインストールした状態で実験しましたが、絵文字の入力が可能でした。問題は、どうやってlibemoji_docomo.soを入手するかだけです。

[2010.11.28追記]
この変更を行うと、ブラウザー(標準のほか、Galapagos BrowserとDolphin Browserでも発生しました。)で、なにも表示されない白紙になってしまうページがあることが判明しました。

いまのところ原因はわかりません。libemoji_docomo.soのバージョンが関係するかどうかも不明です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hpcalc

Author:hpcalc
 HP電卓や携帯電話端末・スマートフォンなどのガジェット大好き人間です。
 ブログに記載されている会社名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。 なお、「®」、「™」、「©」は明記しておりません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR